レビュー+目標:頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

 


こんにちは!

頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
早々に予約したのに実家帰省を挟んだせいで本の受取が遅くなった
横路あるく(yokoark)です!

待ちわびた!ほーんと待ちわびた、届いてよかった。
既にいろいろな人が書評・レビューを書いているけど私も書いちゃう。
だってね…。

WEBライター本、初心者が買ってもいいと思うよ!

「頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上
稼げるようになるための強化書」
は、”強化書”の言葉があるので「初心者が買っちゃいけない本なのかな?」
と思ってしまうと思います。

が!しかし!

初心者だと「WEBライター本をいつ買ったらいいのかな?」
と悩んじゃうと思います。
だったらね、もう最初から買っちゃっていいと思う。

特に、WEBライターに興味があるけど心配症で
今一歩踏み出せない人(わたくし、横路あるくのことです)
この本から入ってもいいんじゃないかな?と思いました。

なんでかっていうと。
この本は吉見さんが今までライター業・ライター講師をしていた中で
「こうしたほうが上手くいくのにな」と思った内容をまとめている本なんですよ。

これって、ネガティブなことを考えてしまう
ビビリな人にとってすっごく!大事なことだと思いません?

初心者が遭遇しそうなあんなこと、こんなことが書いてあるので
(私が実際に遭遇したトラブルもいっぱいあったよ!)
本の内容が頭に入っておけば、きちんと対処できるので心配なし。

ほんと、Windowsで例えて言うならトラブルシューティングってかんじ。

吉見夏実(よしみなつみ)さんってこんな人!

さてここで、著者の吉見夏実(よしみ なつみ)さんの紹介をしておきますね。
ざっくりいうと

・夫と子供がいる、おかあさん
・クラウドソーシングランサーズからWEBライターに
・WEBライター講師

などの活動をしています。

WEBライター本のタイトルから、横路あるくの現状を整理

私は2017年3月から、吉見さんのオンラインサロンに入っているので
吉見さんの考えをガッツリ教えてもらっています。

が。
それでも悩みはあるもので……「頑張っているのに稼げない現役Webライターが
毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を読む前に
自分の現状を洗い出してみました。

横路あるく、現在のWEBライティング悩み

・1本の記事を仕上げるのに時間がかかる(収入にも繋がる)
・文字単価が0.5円~1.5円で稼げてない
・スケジュール調整がうまくいかない
・大幅修正はこないものの、大きなフィードバックもなし
・クラウドソーシング以外の仕事がとりたい

ランサーズでは提案も結構通るし、リピーターさんもありがたいことに増えてきています。
でも……目標金額には程遠い。つまり、稼げていないのです。

お金だけを目標にしてはいけないと思いつつも「仕事」としてやっていきたいので
この状況はよろしくない。
そこで、「稼ぐためにはどうしたらいいのか?」を意識して
「頑張っているのに稼げない現役Webライターが
毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を読んでみました。

本を読んで意識しようと思ったこと

以下、私がWEBライター本を読んで実行しようと思ったことです。
有言実行!

よ~く考えな~い♪時間は大事だよ~ぉ。by懐かしCMアフ●ック

まずは、校正にかかる時間を減らすことが課題っぽいです。
私ひょっとしたら、校正に時間かけすぎなのかもしれません。
やっぱり、もともとの文章力に問題があるのかな……と思っていたのですが
そもそも、文章力に悩むことが違っているのでは説が浮上しました。
(ぜひ、WEBライター本でご確認ください。)

加えて、ここ2ヶ月くらい月初は仕事がなくて、後半はキツめなことが多く
どーしたものかと悩んでいたのですが。
これもやはり、時間がマズかった。
お仕事に波があるのは、自分の執筆ペースがつかめていないからなのだと思いました。

キッチンタイマー・ケロぞうをセットするようにはしてるのですが
時間計測するの、忘れちゃうんですよねぇぇぇ!どうしたものか!

ダラリ撲滅。スキマ時間をもっと考えてみる

これに関しては、2017年5月のサロンオフ会で話題にもなっていたこと。
できるものからやってみよう!と帰りの新幹線で使ってみたのですが、
ものの数分でゲロリンチョしそうだったので断念した悲しい過去があります。

けれど、それ以外ではダラリ時間が潜んでいそうです。
タブレットも持ってるし有効活用していかねば。

横路あるく的、Webライター本まとめ

「頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を数ページ読んでみて、少し違和感があったんですよね。

違和感の正体はなんだろう?と思っていたのですが、ほどなくしてこのナゾが
「紙媒体であること」に気が付きました。
(これ自分の勘違いだったら、ちょっと恥ずかしい☆)

でもこれ、ほんとうに「感覚がつかめた」んだとしたら
吉見さんにWEBライティングを教えてもらったからこそ、だと思うのです。

 

私は長いお付き合いになる本には、カバーをかけています。
もちろん、「頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上
稼げるようになるための強化書」も、カバーをかけました。
これで、お風呂中の読書だって安心だ!

横路あるく。現在、ウェブライター歴5ヶ月目。
まだまだなところが多いですが、20万円以上稼げるようになるために頑張らねば。
心がくじけそうな時にも、「頑張っているのに稼げない現役Webライターが
毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を開こうと思っています。